シニア健康相談

関節痛の基礎知識

骨粗鬆症の予防対策

認知症の予防対策

寝たきり・転倒の予防対策

高齢者の生活の知恵

その他のお役立ち知識

ロコモに効く筋肉の知識(3)~筋肉は健康の指標~

今からできる!疾病予防

今からできる!疾病予防では、シニア世代の方々の健康に役立つ情報をお届けしております。

加齢による筋肉量の減少とは?
人はたいてい歳を取ると筋肉がやせ衰えて細く弱くなっていきます。若い人でもけがをしてギプスを巻いたり、大病をして寝込んだりすると使われなかった筋肉はやせて細くなります。筋肉を使わないことで起こる筋肉量の減少を廃用性筋萎縮と言います。歳を取ると体が弱ってあまり動かなくなるから筋肉が落ちるように思われていますが、実はそれは間違いです。加齢による筋肉量の減少は若い人に起こる廃用性筋萎縮とは全く違うものなのです。
最近、加齢による筋肉の萎縮にサルコペニアという名前がつけられました。サルコペニアとは、筋肉(サルコ)が減少(ペニア)していることです。日本語では加齢性筋肉減弱症と訳されます。筋肉量は20から30歳ごろがピークであり、その後は加齢とともに低下します。70歳以下の高齢者の20%程度、80歳以上では50%以上にサルコペニアを認めるという報告があります。寝たきりの原因疾患の第1位は脳卒中ですが、第2位はサルコペニアだという説もあります。 元気に暮らす
サルコペニアの特徴は速筋という強い力をすばやく発揮する筋線維が主に萎縮し、筋肉の性質が変わってしまうことです。サルコペニアでは筋肉の中の速筋線維が減少しますから、強い力を出したり速く走ったりということができ なくなります。そのために転倒や転落の機会が増加します。
さらに筋肉の量が減って体の機能が低下した状態で肥満が加わったものをサルコペニア肥満と呼びます。特に女性は閉経後に内臓脂肪がつきやすくサルコペニア肥満になりやすいので注意が必要です。サルコペニア肥満になると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を発症しやすくなります。やっかいなのは、身長や体重が以前とほぼ同じなので、見た目だけでは肥満になっているとは気づきにくいことです。
サルコペニアについては、筋力トレーニングによって何歳であっても筋肉量を増やすことができることが知られています。スクワット運動を自宅で毎日20分から30分ほど続けるだけでも十分効果は上がります。脂肪を減らすためにウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせるとさらに効果的です。

ロコモについてもっと知りたい方は、
会員登録(無料)をして、専門家に相談してみましょう。

>> 新規会員登録

  • mixiチェック


お答えします

河村 顕治 先生
Kenji Kawamura
  • 吉備国際大学大学院保健科学研究科教授
  • 岡山大学医学部卒業
  • 医学博士
  • 日本リハビリテーション医学会専門医
  • 日本整形外科学会専門医

ページの先頭に戻る