シニア健康相談

関節痛の基礎知識

骨粗鬆症の予防対策

認知症の予防対策

寝たきり・転倒の予防対策

高齢者の生活の知恵

その他のお役立ち知識

関節痛の基礎知識(1)~変形性膝関節症のエクササイズ~

シニア健康相談では、シニア世代の方々の健康に役立つ情報をお届けしております。

変形性膝関節症に有効な自宅で簡単にできる運動を教えてください。

膝痛に効くのは大腿四頭筋を鍛える運動です。

入浴エクササイズ [入浴エクササイズ]
 シニアの健康法として森光子さんのスクワットが有名ですが、足底全体を使って踏ん張るのは膝の痛み軽減の運動としてもとても理にかなっています。スクワットと同じ効果が入浴時にバスタブを力一杯足で突っ張ることで得られます。図に示すように両足底をバスタブの前方の壁にあててリズミカルな膝伸ぱしの動作をしてください。膝に痛みがでない程度の強さで、ゆっくり30回程度行います。お風呂の中では温熱の効果で膝痛も和らぎますし一石二鳥です。ぜひ試してみてください。

[ベッドの上では]
 座った状態で膝の裏側にタオルなどを丸めて置き、タオルをつぶすような気持ちで膝を伸ばします。シーティングベルト(ダイヤ工業)をつけて膝を伸ばして突っ張るとさらに効果的です。

※大腿四頭筋とは・・・
変形性膝関節症の患者さんに共通してみられるのは、太腿の前側の筋肉である大腿目頭筋が弱くなっていると言うことです。大腿四頭筋は膝を伸ぱす筋肉ですが、歩行時などに膝関節を固定して衝撃から守る働きをしています。大腿四頭筋が弱ると歩いた時に騒がカクカクしてすり減った軟骨がさらに痛むことになるのです。

関節痛についてもっと知りたい方は、
会員登録(無料)をして、専門家に相談してみましょう。

>> 新規会員登録

  • mixiチェック


お答えします

河村 顕治 先生
Kenji Kawamura
  • 吉備国際大学大学院保健科学研究科教授
  • 岡山大学医学部卒業
  • 医学博士
  • 日本リハビリテーション医学会専門医
  • 日本整形外科学会専門医

ページの先頭に戻る