リハビリの現場で活躍するドクターの生の声をお届けします!日本全国!リハビリ・医療機関訪問

第7回 リハビリに対するユニークな取り組み

リハビリテーションの現場から
~医療法人社団 蒼明会 大川整形外科(東京都練馬区)~

医療法人社団 蒼明会 大川整形外科
院長 大川 徹 氏
メディカル・フィットネスへの挑戦!

多くの患者さんが来院
近県からも多くの患者様が来院します
医院の様子

2004年に開院した大川整形外科は、院長である大川徹先生のリハビリに対するユニークな取り組みが好評で、地元東京以外にも、近県から多くの患者様が来院してきます。

ここでは衰えた筋肉を鍛えたり、硬くなった関節を柔らかくし、バランス感覚を向上させるため、各種器具やリハビリアイテムを用いてトレーニング(リハビリ)を行うメディカル・フィットネスを取り入れています。メディカル・フィットネスとは、大川先生の造語だそうです。

大川整形外科には一般整形外科疾患はもとより、大川先生がスポーツ専門医でもあることから、スポーツ外傷、スポーツ障害等の疾患で訪れる方も多いようです。

診療の午前帯はシニアを中心とした患者様の割合が多く、午後帯は他の整形外科と比較し、学生や会社員のスポーツ疾患を抱える患者様の割合が多いことが特徴です。施設の中はスポーツジムさながらトレーニングマシンが並び、スタッフも色鮮やかなトレーニングウェアを着用するなど、今までの整形外科クリニックのイメージは全くありません。

大川先生は、最近ではこういったスタイルの整形外科クリニックも増えつつあるものの、開院した当初はまだまだ珍しかったと振り返ります。

「開院時は整形外科のリハビリと言うと電気を当てるだけのイメージが強かったですね。
メディカル・フィットネス?トレーニングのようなリハビリなんて決して上手くいかないよ、
などとよく言われたものです。(笑)」

(取材・編集:リハビリネット編集部)

  • mixiチェック

ドクターが解説する!「リハビリ・医療機関訪問」のトップへ

Facebook
先生の紹介

大川 徹 氏

大川 徹 氏

<医療法人社団 蒼明会 大川整形外科
院長>

医学博士

平成3年、東京医科大学卒業。同年東京医科大学整形外科教室入局。一般整形外科の診療、検査、治療、手術を研修の後、脊椎脊髄病、スポーツ整形を専門とする。平成16年4月、大川整形外科開設。

<資格>

日本体育協会公認スポーツドクター
日本医師会認定健康スポーツ医
日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本医師会認定産業医
介護支援専門員

<所属学会>

日本整形外科学会
日本整形外科スポーツ医学会
日本臨床スポーツ医学会

クリニックの紹介
医療法人社団 蒼明会 大川整形外科

医療法人社団 蒼明会 大川整形外科

〒177-0053
東京都練馬区関町南1-9-50
上石神井クリニックファーム内1階
tel:03-3929-2212
http://www.ookawa-seikei.com/

<特徴>
2004年に開院した大川整形外科は、リハビリに対するユニークな取り組みが好評で、地元東京以外にも、近県から多くの患者様が来院してきます。