知っておきたい!対処方法~ノルディック・ウォーク編~

ノルディック・ウォークのリハビリテーション

ノルディック・ウォークはエクササイズとしての効果があることから、
今、全世界でブームになっています。

ノルディック・ウォーク編

(2)まず自分に合ったストックを選ぶ

ストック画像

「ノルディック・ウォーク」は2本のストックを持って行うエクササイズです。
そのため、当然、実践するのにはストックが必要になります。

そのストックですが、今、自分の持っている杖などを2本使ってもできますが、突いた時に滑ったり、また衝撃を受けたりしないようにするためには、専用のストックを購入する方がいいでしょう。
少し前までは、外国製のものが主流でしたが、今は国産で専用のものがいろいろと造られていて、そのほとんどは高さが調整できる機能が付いています。人間は、左右対称という人はほとんどいません。
ですから、左右のストックの高さを変えた方が、より歩きやすくなることが多いので、高さが調整できるものがいいいということになります。
自分の歪みに合わせて左右の長さを調整すれば、より効果的にウォーキングができます。

現在、各種メーカーから、いろいろなストックが販売されていますが、各社によって、例えば、健康増進の目的用やリハビリテーションに使用するのが目的であったり、心拍数を上げるためのハードな運動が目的であったりと、それぞれの意図に応じた造りのものが製造・販売されています。
価格も中心は1万円前後のものですが、目的によっては高価なものもありますから、どれが自分に一番向いているかを考えて購入されるのがいいでしょう。

選ぶ時の参考としては、グリップに着目するようにしてください。
最近は、しっかり握っても血圧が上がらないような工夫がされているものなどもあるので、自分の健康状態や運動の仕方を考えて、それに合うグリップが付いているストックを選ぶのがお勧めです。

>>次のページ 「まずストックを使って歩いてみる(その1)」

ノルディック・ウォーク編 ― ノルディック・ウォークのリハビリテーション ―

ノルディック・ウォークについて知りたいなら? 「知っておきたい対処方法」の一覧へ

Facebook
監修

柳本 有二 氏

柳本 有二 氏

<医学博士>
神戸常盤大学
保健科学部
看護学科教授 

<略歴>
・東京学芸大学大学院
 教育学修士(1983年修了)
・名古屋大学医学研究科
 医学博士取得(1999年)
・東京学芸大学教育学部附属
 世田谷小学校教諭
・兵庫大学健康科学部教授
<専門分野>
運動生理学,健康科学,子供の健康づくり 他
<その他>
一般社団法人ウエルネスネットワーク理事
日本テレビ「世界一受けたい授業」出演等