知っておきたい!対処方法~ノルディック・ウォーク編~

「ノルディック・ウォーク」は、姿勢や通常歩行を改善する

ノルディック・ウォークはエクササイズとしての効果があることから、
今、全世界でブームになっています。

ノルディック・ウォーク編

(4)姿勢や通常歩行を改善する(その2)

健康的で、高齢になっても歩行ができる身体でいるためには、正しい姿勢を保つためのトレーニングが必要です。

それに最適なのが「ノルディック・ウォーク」です。

ノルディック・ウォークは2本のストックを使用します。そのため腰や背筋が自然に伸びることになります。
さらに、直立二足歩行の基本である骨盤の上の重心が実現します。その結果、足裏のローリング動作がスムーズに行えるようになり、腰や膝への負担が軽減する自然な歩き方ができるようになります。
また、ストックは2本ですから、歩く時の片足立ちの姿勢になった時に支えてくれるため、安全に歩くことでできます。

ノルディック・ウォークは、専用のストックを持ち、それを地面に立て、そして後ろに突く形で歩くため、自然に胸を張った形で歩く姿勢となるため姿勢が良くなります。
そして、それを続けることで、普段の姿勢も矯正されることが期待できます。
 さらに、専用のストックを使うことで、両足と左右のストックの4か所に負担が分散されるため、足首・膝・腰・関節・アキレス腱など下半身の負担が軽減されるので、長い距離の歩行もできるようになります。

ちなみに、ノルディック・ウォークで歩けば、ストックの効果で膝の関節や脊髄にかかる負担は約5kg/歩軽減するという報告もあります。
また目線を真っ直ぐにして、背筋を伸ばした正しい歩行姿勢をして行った場合は約8kg/歩までの負担を軽減するという実験結果も報告されています

ノルディック・ウォーク画像

このようにノルディック・ウォークは、ウォーキング時の負担が軽くなるため、スポーツなどによる怪我や術後のリハビリテーションに用いることもできる、効果的なエクササイズになっています。

ノルディック・ウォーク編 ― 「ノルディック・ウォーク」は、姿勢や通常歩行を改善する ―

ノルディック・ウォークについて知りたいなら? 「知っておきたい対処方法」の一覧へ

Facebook
監修

柳本 有二 氏

柳本 有二 氏

<医学博士>
神戸常盤大学
保健科学部
看護学科教授 

<略歴>
・東京学芸大学大学院
 教育学修士(1983年修了)
・名古屋大学医学研究科
 医学博士取得(1999年)
・東京学芸大学教育学部附属
 世田谷小学校教諭
・兵庫大学健康科学部教授
<専門分野>
運動生理学,健康科学,子供の健康づくり 他
<その他>
一般社団法人ウエルネスネットワーク理事
日本テレビ「世界一受けたい授業」出演等