知っておきたい!対処方法~脳卒中編~

脳卒中のリハビリテーション

脳卒中は、少しでも早く治療を受けると後遺症を軽くできるので、
救急搬送の大切さとリハビリテーションの重要さを知ってください。

(1)急性期のリハビリテーション

脳卒中で見られる運動障害の中で最も多いのが、身体の左右どちらかの半分がマヒする「片麻痺(片マヒ)」です。身体の片側にマヒが残ると、日常生活に大きな影響が出ます。そこでリハビリテーションは、それらの回復を図り、最終的には社会生活への復帰を目指します(これらのリハビリテーションを「理学療法」「作業療法」と呼びます)。
一般的に脳卒中のリハビリテーションは、回復の段階に合わせて「急性期」「回復期」「維持期」の3段階に分けられます。

脳卒中のリハビリ手ションの流れ(2000年~)

これらの中で「急性期」のリハビリテーションは、最も初期に行われるものです。
急性期とは、発症してから2週間ぐらいまでの期間を指します。まだ症状が落ち着いたぐらいの段階ですが、人間の筋肉は使わないでいると、どんどん衰えていくことから(これを「廃用性筋萎縮(はいようせい きんいしゅく)」といいます)、リハビリテーションも、少しでも早くから行う方が、効果があるといわれているため、できるだけ早く開始されます(海外の例によれば、発病後2~5日で始めるのがいいとされています)。

具体的には、まずベッドから出て、立ったり坐ったりを繰り返すことから始めます。ただし、心臓病や血圧変動などが起こるお可能性があることから、それらの専門医の指示を受けながら行う必要があります。続いて、杖歩行、階段訓練と進んでいきます。上手くいけば、マヒが見られる患者さんでも4週ぐらいで歩行が自立する場合もあります。

>>次のページ 「回復期のリハビリのコツとは?」

脳卒中編 ― 脳卒中のリハビリテーション ―

脳卒中を発症したら? 「知っておきたい対処方法」の一覧へ

  • mixiチェック
Facebook
リハビリ病院検索

池永 透

池永 透 氏

畷生会脳神経外科病院
脳神経外科 部長

昭和42年大阪生まれ
大阪医科大学卒業
大学卒業後、大阪の救急医療で知られる多根総合病院勤務などを経て、2年半前から現職。