リハビリの現場で活躍するドクターの生の声をお届けします!日本全国!リハビリ・医療機関訪問

第14回 マッケンジー法を取り入れたユニークな診察

リハビリテーションの現場から
~中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニック
(兵庫県尼崎市)~

中野整形外科・
運動器リハビリテーションクリニック
副院長 中野元博 先生
リハビリのモットーは「自分で動いて、自分で治す」

宿題の体操

 患者さんにはリハビリ後に診察室に戻ってもらい、リハビリで行った内容を医師が患者さんと一緒に確認することで、ご自身の状況やリハビリの進行具合、出された宿題の体操などをしっかり把握していただきます。

 そのあとは自宅にて、患者さん自身にその体操を宿題として反復していただくことになります。

 せっかく体の状態を変える可能性を秘めた体操でも、継続してくれなければ効果は望めません。「自分で動いて、自分で治す」を診療方針としているのもこのためだそうです。

検査の体操 検査の体操 検査の体操

前のページへ

1

2

3

4

5

次のページへ

ドクターが解説する!「リハビリ・医療機関訪問」のトップへ

Facebook
先生の紹介

中野 元博 氏

中野 元博 氏

中野整形外科・
運動器リハビリテーションクリニック
副院長

整形外科専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
リウマチ医

<経歴>

愛媛大学医学部医学科卒業
大阪市立大学医学部整形外科学教室入局
中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニック副院長

<資格>

日本整形外科学会認定 整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
国際マッケンジー協会認定セラピスト
国際マッケンジー協会日本支部理事
クリニックの紹介

中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニック

〒660-0814
兵庫県尼崎市杭瀬本町1丁目9番24号
tel:06-6488-7754
http://nakanoseikei.com

<特徴>
昭和49年に開院した中野整形外科が、平成24年に中野整形外科リハビリテーションクリニックとして新しくなり、診療方法もマッケンジー法による診断で医師と理学療法士そして患者さんが一体となって治療に取り組むスタイルの運動器リハビリテーションクリニックへと変わりました。まだ2年目ですが、従来のリハビリで効果が出なかった患者さんが地元以外からも多数来院しているそうです。