リハビリの現場で活躍するドクターの生の声をお届けします!日本全国!リハビリ・医療機関訪問

第1回

筋肉の拘縮の予防と関節の変形の予防が、
維持期の慢性期のリハビリに対する一番の目標!

久保田医院 院長:久保田 毅 氏
リハビリの医療施設の選びかたは?

回復期リハビリテーション病院は急性期の病院のドクターからの紹介に基づいて医療を行うので、患者さんのご家族が選べるとしたら維持期のリハビリテーションを行っている、介護保険で営んでいる施設になると思います。 ここで重要なのは発病して1ヶ月に満たない状態で回復期リハビリに行きます。回復期リハビリは3ヶ月で患者を退院させます。そうすると発病して4ヶ月弱でリハビリテーション病院を離れます。ところが発病して6ヶ月経たないと身体障害者手帳の申請ができません。

急性期~回復期~維持期の流れ

この半年後の段階で誰が身体障害者手帳の申請書を書いて、各都道府県に出すのか、みなさんこれに困っています。今の医療行政では維持期のリハビリテーションは医療費で行わないで介護保険で賄うように誘導されています。
これは結果として回復期リハビリ病院からリハビリテーションの診療の責任の所在を不明瞭にしています。回復期リハビリ病院から介護保険のリハビリテーション施設に行ってしまったら、大事な半年の身体障害者手帳の手続きが宙に浮いたままになり、泣いている人がいっぱいます。その点をサポートできる施設かどうかを見極める必要があります。

身体障害者手帳
<参考イメージ>

つまり、身体障害者手帳の発行を出せる用意があるのかどうか、ここを管轄している先生は書いてくれるのかどうか、あるいはここではできないけれど医療費によるリハビリテーション科の外来科と提携しているのかどうか、などです。

リハビリ時に家族の支えとなるものは?

患者様のご家族に診療方針のことで直接お話をするのは主に2人だと思います。1人は継続で診ている維持期の医師。そしてもう1人は介護保険の施設の中で医学療法士に指示書を出すドクター、しかしその人はリハビリテーションのことに必ずしも専門ではない人が赴任していることが多いようです。また日頃接している若い理学療法士もドクターの方針もあって、踏み込んだことは言えません。やはり包括的にご家族とお話ができるのは維持期の医師で、リハビリ全ての舵取りの役目になると思います。

また、長いリハビリ生活を支えるうえで、患者様の心のケアも大事です「うつ病」ならちゃんと診察を受けるところがありますので、ご家族や維持期の診療をしている医師はその兆候を見逃さないで、必要であれば精神科の治療に振り向けるようにする必要があります。そうした患者様の状況を把握するために「サービス担当者会議」というものがあります。医師とケアマネージャー、介護施設の担当者、訪問入浴の施設、介護機器のレンタル業者などが半年に1回位集まって、医師からの医学的な見解を聞くことで、情報の共有をおこないます。また途中で病状が変わったとか、家族構成が変わったとか、介護保険によるサービスを検討しなければならないという時にケアマネージャーが召集を掛け、診療やリハビリテーション、介護サービスの方針を確認する場でもあります。
リハビリは本人はもちろんご家族にも大きな負担がかかりますが、リハビリ施設や介護制度を活用し、生活障害から早い自立を促していければと思っています。

(取材・編集:リハビリネット編集部)

前のページへ

1

2

3

次のページへ

ドクターが解説する!「リハビリ・医療機関訪問」のトップへ

Facebook
執筆者の紹介

久保田 毅 氏

内科 久保田医院 院長

脳神経外科医として大学病院や一般病院の脳神経外科医長、さらに救急外来やリハビリ担当医を経て、平成17年に開業。 これまでの経験を活かし、脳卒中(脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞)後遺症、高血圧症、高脂血症、糖尿病等の生活習慣病の治療をすすめ脳卒中の発病予防に力を注いでいる。
経歴
1984年 三重大学医学部卒業
1984年 横浜市立大学医学部病院研修医
1986年 横浜市立大学医学部病院脳神経外科医務吏員
1995~
1998年
横浜市立大学医学部脳神経外科助手
2003年 横浜市立大学医学部脳神経外科助手
2005年 内科 久保田医院 開業