知っておきたい!対処方法~腰部脊柱管狭窄症編~

医学的所見

腰痛は様々な原因で起こりますが、腰痛に付随した症状として、臀部や脚に疼痛やしびれが生じることがあります。

変形性膝関節症編

(1)医学的所見

両下肢の腱反射の減弱あるいは消失が多く認められます。
知覚障害は足底などの末梢に出やすく、疼痛などの症状は腰椎の背屈で増強し、前屈で軽減されます。

検査

レントゲン上、椎体の脊柱管周囲に変形が見られ、椎間板変性による狭小化もよく見られます。
また、脊柱管前後径の狭小化も予測されます。
特に、前後屈で不安定性を示す椎間が認められる場合は、固定術を必要とする場合がありますので要注意です。

MRIによって詳細な情報が得られます。
馬尾型、神経根型、混合型のいずれかが観察され、また多椎間に見られることも多く、責任部位が複数考えられることも少なくありません。

>>次のページ 「腰部脊柱管狭窄症の原因と病態」

腰部脊柱管狭窄症編 ― 医学的所見 ―

腰部脊柱管狭窄症になってしまったら? 「知っておきたい対処方法」の一覧へ

  • mixiチェック
Facebook
監修

石橋 徹 氏

石橋 徹 氏

<医学博士>
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医

<略歴>
・九州大学医学部(1988年卒業)
・九州大学整形外科入局
・九州大学大学院外科系研究科博士課程修了(医学博士)
・米国マサチューセッツ工科大学(生化学部門(制がん剤の研究)および物理学部門(マテリアルサイエンス)博士研究員 )
・国立病院九州医療センター リウマチ科勤務(関節リウマチの薬物治療、高度破壊関節の再建手術を担当)
・生物分子工学研究所主席研究員
などを経て
原土井病院整形外科部長(2009年より)