知っておきたい!対処方法~腰部脊柱管狭窄症編~

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰痛は様々な原因で起こりますが、腰痛に付随した症状として、臀部や脚に疼痛やしびれが生じることがあります。

変形性膝関節症編

(1)腰痛と脚の痛み

膝の痛み

腰痛は様々な原因で起こりますが、腰痛に付随した症状として、臀部や脚に疼痛やしびれが生じることがあります。
腰椎疾患でなぜ下肢に症状が出るのでしょう。

腰痛は、脊椎という体幹を支える骨に起因することが多いのですが、脊椎の中でも、腰の部分に相当する部分を腰椎と呼びます。

脊椎の後方には脊柱管と呼ばれる神経の通り道あります。
脳から伸びた脊髄という神経の幹がその中に納められています。
脊髄は腰椎の上のあたりで枝分かれして、神経根という細い神経の束になります。
それぞれの神経根が5つの腰椎の間、つまり椎間板に近い位置で脊椎から出ていきます。

腰痛に付随して、下肢に症状が出るのは、脊椎からの出口、あるいは脊柱管内でこれらの神経に障害が起こるからなのです。

>>次のページ 「神経障害は二つのグループに分かれます」

腰部脊柱管狭窄症編 ― 腰部脊柱管狭窄症の症状 ―

腰部脊柱管狭窄症になってしまったら? 「知っておきたい対処方法」の一覧へ

Facebook
監修

石橋 徹 氏

石橋 徹 氏

<医学博士>
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医

<略歴>
・九州大学医学部(1988年卒業)
・九州大学整形外科入局
・九州大学大学院外科系研究科博士課程修了(医学博士)
・米国マサチューセッツ工科大学(生化学部門(制がん剤の研究)および物理学部門(マテリアルサイエンス)博士研究員 )
・国立病院九州医療センター リウマチ科勤務(関節リウマチの薬物治療、高度破壊関節の再建手術を担当)
・生物分子工学研究所主席研究員
などを経て
原土井病院整形外科部長(2009年より)