知っておきたい!対処方法~関節リウマチ編~

家で日常的に行えるリハビリテーション

関節に炎症が続いて徐々に破壊が進み、やがて機能障害を起こしてしまうのが「関節リウマチ」です。

関節リウマチ編

(1)基本は運動療法と温熱療法

身体を動かすことが大事です

繰り返しになりますが、関節リウマチのリハビリテーションは、日常的に継続して行うことが大切で、その基本は運動療法と温熱療法です。

運動療法の目的は、関節が固くなってしまうのを防ぐことで、運動療法の具体的なやり方については(2)効果的な運動(その①)以降で紹介します。

運動療法には、末梢の血液の流れをよくし、痛みを和らげ、筋肉のこわばりをとる効果があると考えられていますし、適度に身体を動かせばストレスが減って免疫力を高める働きも期待できると考えられます。それだけに、関節リウマチの運動療法は、自分の調子がよい時や気が向いた時に身体を動かすだけでも効果があるといわれています。

また、意識的に関節を動かすことも必要ですが、気の向くままに散歩することも大切です。運動に加えて、ストレスを発散することにもなります。また、プール内で歩くなどの運動もいいでしょう。いずれにしても、これから紹介するような運動療法を気長に続けることが大事です。

一方、温熱療法は、痛みやこわばりを和らげる目的で痛みが強い関節を温める療法です。
痛みがなかなかとれないような時には、関節を温めて血液の循環をよくすることで、老廃物や痛み物質の排出が促し、痛みを和らげることができると考えられています。
ちなみに温熱療法は、ホットパックなどを利用すれば家庭で簡単にできます。

>>次のページ 「効果的な運動(その①)」

関節リウマチ編 ― 家で日常的に行えるリハビリテーション ―

関節リウマチになってしまったら? 「知っておきたい対処方法」の一覧へ

  • mixiチェック
Facebook
監修者の紹介

福井智一氏

福井智一氏

医療法人医誠会
医誠会病院
整形外科 部長

昭和51年大阪生まれ
兵庫医科大学卒業

兵庫医科大学大学院を卒業後、兵庫医科大学整形外科学教室や北海道我汝会えにわ病院などを経て2012年4月から現職。
専門は股関節を中心とした関節外科