現場で活躍する理学療法士が答える!

リハビリQ&A

医療従事者
回答有り
印刷
  • mixiチェック

左膝膝蓋骨脱臼及び骨挫傷について

昨年12月中旬に左膝蓋骨脱臼を起こし転倒しました。
ちなみに、脱臼した際、膝蓋骨を自分で「エイッ」と戻しました。
※子供の頃から何回か膝蓋骨脱臼を繰り返しています、

翌日、なんとか近所の整形外科に行き経緯を説明、X線を撮り、診察、関節に溜まっている血を抜き、ギブス・松葉杖、湿布と抗生物質を処方され当面安静と言われました。(手術ではなく保存)
10日後、オーダーメイドの膝蓋骨脱臼防止サポーターが出来た時点で松葉杖を返却、T字杖に変えています。
受傷後3週間は自宅で安静にし、腫れや(安静時の)痛みはひいてきましたが、歩行時に激痛が走るので、年明けにMRIを撮りました。結果、左膝蓋骨と左足の下の骨上部に骨挫傷が見つかり、再度しばらく安静にとの指示が出ました。
本日で受傷後50日経過。その間もなるべく膝関節に負担がかからない程度の(大腿四頭筋や内転筋等の)筋トレやストレッチは毎日暇を見ては欠かさず行っています。
現在、左膝の稼動域は、ゆっくり踵を近づけて、お尻までこぶし一つといったところ。
腫れはなく、痛みは曲げ伸ばし時少しあります。
片足立ちは怖くて出来ません。
歩行で、軽く膝を曲げて着地または離地の時に「ガクッ」と力が入らない状態が度々起こり、それが怖くて、左膝は曲げないで歩いてしまいます。(曲げなければアンバランスながらもガクッとなりません。)
トレーニングをするため床に座るのですが、まだしゃがむ事が出来ないので、椅子などに掴まりながらゆっくり主に大丈夫な右足に重心を置き両膝を曲げる時にもガクッとなる気がします。
ちなみに整形外科では靭帯損傷等の所見は特に言われていません。

今、一番の悩みは「膝崩れ(?)」が起きるのが怖くて、歩く事に尻込みしてしまうのと、歩いたとしても恐怖で膝下が脱力してしまう事です。
整形外科では、痛みが取れれば自然に歩けるようになると言われ、現在も自宅療養です。
3月からは職場復帰をしなければならず、念の為松葉杖を購入しましたが、本当に痛みが消えれば歩けるようになるのでしょうか?

質問者:etoby さん 40代 女性 2013/02/06 16:41 【カテゴリー:手・足

1件の回答があります。
回答者

山崎敦

理学療法士

痛みがあると力が入らなくなるのは危険な動きを感知し、悪化させない防御反応であります。

お悩みの「膝崩れ」 も太ももの筋肉(大腿四頭筋)がタイミングよく収縮できていないためのものと思われます。

膝関節内部の炎症が治まれば痛みもなくなり力も入ってくると思います。
一般的に受傷して治るまで保存療法の場合は2ヵ月くらいかかります。

焦らず、痛みの無い範囲で今行なっているトレーニングを膝蓋骨脱臼防止サポーターを着用して実施しましょう。

回答日時:2013/02/25 14:58

山崎敦 理学療法士 医療法人社団 誠馨会 総泉病院リハビリテーション部

医療法人社団 誠馨会 総泉病院リハビリテーション部に在籍しています。

コメント一覧 この回答にコメントする

よく見られている質問

リハビリ Q&A回答者 募集

私たちがお答えします!