回答有り
印刷
  • mixiチェック

肩こりで注射2本と干渉波をされました。

肩こりで消炎鎮痛という注射を両肩にされてそのあとに干渉波という電気を流す治療を受けました。

注射を2本受けたり、注射の後に干渉波をしたことがなかったのでこのやりかたは正しいのか疑問にもち投稿しました。
それと干渉波という器具の操作は理学療法士(資格保持者)がするものですか?医師や看護師にされなかったので不安で聞きました。干渉波をした人は資格なしで普通のスタッフっだと言っていました。この病院はおかしいのでしょうか?

質問者:YURIA さん 30代 女性 2015/06/14 00:48 【カテゴリー:首・肩

1件の回答があります。
回答者

伊藤淳

医師

注射の内容にもよりますが、注射後に干渉波治療を受ける場合もありうると思います。注射の内容により、同時に保険請求できない場合があるので、どちらかの治療が患者さんに無償で提供されている可能性もあります。
理学療法士は、運動療法といった患者さんの体をふれて動かしたりする資格です。器具の操作をするためにとる資格ではありません。お話にある病院は、一般的なものであると推定しています。

回答日時:2015/06/15 18:23

伊藤淳 医師 相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

役職:院長
痛みは患者様が一番辛いこと。当院では、痛みを取るために速やかな診断を行います。また「疾患を診る以上に患者様の暮らしを見る」ことを心がけています。
地域の一員として暮らしの中に根ざした治療を目指しています。

コメント一覧 この回答にコメントする

よく見られている質問

リハビリ Q&A回答者 募集

私たちがお答えします!