回答有り
印刷
  • mixiチェック

おしえてください

ある人からリハビリの道具を見せてもらい皆で協力し作成はしたものの器具の名称や効能がはっきりしません。ローラースケートのような形で足を入れるのではなく麻痺のある手を置いて転がして使うものです。うまく表現できませんが・・・
画像を添付できればいいのですが・・・
手形にくりぬいた型枠の下に滑車をつけて麻痺のある手を載せベルトで固定しテーブルの上を転がすようなものです。硬縮予防などに効果はあると思うのですが・・・
デイサービスのリハビリ道具として使用したいのですが名称や効能がわからないままでは紹介もできないので困っています。

質問者:keronpa さん 30代 女性 2014/09/21 23:52 【カテゴリー:手・足

1件の回答があります。
回答者

山崎敦

理学療法士

おそらく「ワイピング」という上肢機能改善を目的とした器具の一種です。
主に作業療法で行われ、脳卒中の回復初期の段階より用いられます。
上肢のリーチ拡大、掴む力などの機能向上、関節拘縮予防の目的に使います。
使い方は自動運動を促しながら、肩屈曲位での水平内・外転、肩と肘の屈曲、伸展の動きで机上を拭くような動作を行ないます。
もう片方の手を添えて、両手で拭くような動作をすることもできます。
過度な可動域で行いますと関節を痛めることがありますので、十分注意して行ってください。

回答日時:2014/10/06 12:54

山崎敦 理学療法士 医療法人社団 誠馨会 総泉病院リハビリテーション部

医療法人社団 誠馨会 総泉病院リハビリテーション部に在籍しています。

コメント一覧 この回答にコメントする

よく見られている質問

リハビリ Q&A回答者 募集

私たちがお答えします!